しあわせのレシピ

人生どうでもいいと感じる4つの瞬間と対処法

こんにちは、大鈴佳花です。

「人生どうでもいい」
私たちは人生に疲れているときや、大切な何かを失ったときにそう感じてしまうこともあります。

今でこそ私は、そういう気持ちになることはありませんが、昔はやっぱりあったんですよ。
そんなときに、どんな方法で人生に変化が起こったかを振り返ると、大切なことに気づきました。

そこで、今つらい状況の中で人生どうでもいいと感じているあなたのために、人生どうでもいいと感じる4つの瞬間の5つの対処法を紹介します。

 

人生どうでもいいと感じる4つの瞬間

これまでの人生であなたも1度は、「人生もうどうでいいわ」という気持ちになってしまったことがあるかもしれません。
そしてこれを読んでくれている人の中にも、今そう感じている人がいるかもしれませんね。

長い人生では、そう思うことは何も特別なことじゃないんです。
誰もが1度は経験すること。
 

人は、大きく分けるとここに書かれた4つの状況になったときに、「人生どうでもいい」と思ってしまいがちになります。

  • 人生どうでもいいと感じる瞬間1.職を失ったとき
  • 人生どうでもいいと感じる瞬間2.大切なものを失ったとき
  • 人生どうでもいいと感じる瞬間3.目的がなくなったとき
  • 人生どうでもいいと感じる瞬間4.人に裏切られたとき

あなたがもし今こんな状況にいたら、この記事を読んでその世界から抜け出すきっかけを掴んでくださいね。

 

人生どうでもいいと感じる瞬間1.職を失ったとき

仕事って生きていく上で大切なものですよね。
多くの人にとって仕事というのは、現実的にも精神的にも、人生を支える土台となっていることが多いのです。

でも突然のリストラなどで、職を失ってしまうこともあるかもしれません。

そんなとき、「もうやってられない!私の人生なんかどうでもいいわ!」と思ってしまいがちになります。

 

人生どうでもいいと感じる瞬間2.大切なものを失ったとき

たとえば、長年一緒に暮らしていたペットが亡くなったときなど、心にぽっかり穴が開いたようになってしまうこともありますよね。
そういうときに、人生もうどうでもいいや・・・となってしまう人が多いです。

ペットロスと言う言葉があります。
大切に思っていたペットが亡くなってしまったときに喪失感を感じてしまうこと。

私も以前、18年一緒に暮らした猫が死んだときは、ものすごく悲しみが深かったんです。

初めて一緒に暮らした動物を看取ったということもあったと思います。

その子がいなくなったあと、部屋がガラーンと、とても広く感じました。
そして何もやる気が起こらなくなってしまったのです。

 

人生どうでもいいと感じる瞬間3.目的がなくなった時

仕事やプライベートでも、目標にしていたことが突然だめになることってあると思います。

いつも順調ならいいですが、いろいろなことがありますよね。
そういうときに人は人生どうでもいいと思ってしまうことがあります。

これは挫折感を感じたことに起こるんですね。

 

人生どうでもいいと感じる瞬間4.人に裏切られた時

心から信頼をしている人に裏切られると、すべてのことがどうでもよくなるときがあります。

信頼というのは「信じて頼りにすること」という意味。

家族や友人、パートナーなど、信頼関係は自分に近い人に感じますよね。
または尊敬している人などに感じることもあります。

心から信頼していればいるほど、裏切られると悲しく、ショックを受けてしまいます。
だから人生どうでもいいと思いがちになってしまうのです。

 

人生どうでもいいと感じた時の5つの対処法

人生どうでもいいと感じたときの対処法1.モチベーションを思い出す

人生がどうでもいいと感じたときは、私たちは何もしたくなくなってしまうものです。
夢を叶えようという気持ちもなくなってしまいます。

でも、もし少しでも夢を叶えたいという気持ちが残っていたら、なぜその夢を叶えたかったのかという動機を思い出してください。

「やりたいからやる!」というモチベーション=内発的動機を思い出すことで、向上心に導かれて人生どうでもいいという状態から抜け出すことができます。

(※参考:ケリー・マクゴニカル『図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室』85頁)
(参考:カオナビ)

 

人生どうでもいいと感じたときの対処法2.自分を責めない

人生がうまくいっていないときは、自暴自棄になってしまうこともあるかもしれません。
そんなとき、「どうせ自分なんてもうダメなんだ」「どうにでもなれ!」なんて言いたくもなってしまうものですね。

そしてどうして上手くいかないんだろうと、自分を責めてしまうこともあります。

わかりますよ〜その気持ち。
実は私も昔はそうでした。

でもね、そういうときに自分を責める言葉を使ってしまうと、そこから抜けることができなくなってしまうんです。
 

言葉には、人生を引き上げてくれるものと引き下げてしまうものがあります。
自分を責める言葉は、人生を引き下げてしまうものなんですね。

引き上げる言葉を使うと、私たちの感情はそれに合わせたものに変わり、それが思考や行動に影響していきます。
だから抜け出すことができるのです。

引き下げる言葉を使うと、私たちの感情はそれに合わせたものに変わり、やっぱりそれが思考や行動に影響していきます。
だからなおさら人生が下降してしまいます。 


人生が上手くいっていないときに引き上げてくれる言葉は、「私は大丈夫」「私はツイてる!」「私はやればできる!」
反対に引き下げてしまう言葉は「どうせ私なんてダメなんだ」「人生もうどうにでもなれ!」「ツイてない」

人生が上手くいってないときほど、自分を責める言葉ではなく、引き上げる言葉を意識して使ってみてください。

さらにここでのポイントは、引き上げる言葉のときに「私は」「僕は」など自分を指す言葉を入れてください。

「誰が」というのが大切なので、ただ「大丈夫」と言うんじゃなく、「私は大丈夫」
ただ「ツイてる!」と言うんじゃなく、「私はツイてる!」と言います。

そのことで方向がバシっと決まるので、抜け出す方法を脳が24時間探し始めてくれますよ。

 

人生どうでもいいと感じたときの対処法3.ゆっくり休息をとる

人生がうまくいかないと、心も身体も疲れてしまうことがありますよね。
そんなときは、ゆっくりと休息をとることも大切。

ゆっくりお風呂に入って身体をいたわったり、眠る前にいろいろな情報を入れないで脳を休息させたり。
そして7時間以上の睡眠を意識しましょう。

 
でもあまりにも疲れが溜まっていると、寝つけないこともあると思います。
そんなときは、お風呂にゆっくり入ってリラックスしましょう。

私たちの体は、夜眠る前に体温を下げて眠りに入ります。
そのため、眠る1時間前にお風呂に入ると、自然と体温がゆっくり下がっていて湯冷めという形をとり、眠りに入りやすくなります。

LEDなどの明るい電球は、睡眠を促す睡眠ホルモンの分泌を制御してしまいます。
そのために眠りが浅くなってしまうんですね。

そのためお風呂の電気を薄暗くして、リラックスできる環境を作るとより良いです。
暗くすることで脳も切り替わり、「活動モード」から「休息モード」へと変化します。

さらにお風呂から出たら、ネットなどを見ないようにしましょう。
せっかく休息モードになった脳を、明るい光で覚醒させないようにしてくださいね。

そして入浴から1時間後にはベッドの中に入ることを意識してください。
 

これを、毎日眠る前の1連の流れにしてみましょう。
すると、自然と夜にはリラックスモードになり、ゆったりと眠れるようになっていきます。

 

人生どうでもいいと感じたときの対処法4.

人生どうでもいいと感じているときは、夢を叶えようとか夢に向かって頑張ろうと思えないものですよね。
でも、ちょっとしたことでいいので、やりたいと思っていることを紙に書き出してみてください。

大きなことじゃなくてもいいんですよ。
小さなことでいいので、こういうことがしたいと感じるものを書いてみましょう。

そのことで、自分の心の奥底に埋もれてしまったやりたいことが出てくるきっかけになります。

人生どうでもいいと思っているときは、やりたいことにフォーカスするのは難しいものですよね。

でも、やりたいことを1つだけ引き出してしまうと、そこで意識が変化してくれます。
そのことで
抜け出すことができるんです。

紙に書くというのは自分の脳や人生を整理する方法です。

やりたいことを紙に書くと、それに向け自然と方向が定まるようになります。
どうでもいいや!と思っているときほど、紙に書くのは効果的なんですよ。

 

人生どうでもいいと感じたときの対処法5.人と会話をする

誰かに話を聞いてもらったり共感してもらうと、気分的に楽になった経験ってありませんか?
具体的なアドバイスがなくても、わかってもらったということで心が軽くなるのです。

もしあなたが今、人生どうでもいいと感じているなら、あなたの心の許せる人にその思いを打ち明けてみてください。
そうすることで心が軽くなり気持ちが変化するので、そこから抜け出すきっかけになると思います。

 

まとめ

人生が上手くいかなくてどうでもいいと思ってしまう瞬間って、誰にでも経験があると思います。
そういうときは、永遠にその世界が続くような気持ちになってしまうものですね。

私もこれまでの人生で、「私の人生最悪!もう私の人生は終わりだ」と思うような出来事もありました。
でも、今こうして幸せになっています。

そのときは、このブログのように誰かがそこから抜け出す方法を具体的に教えてくれたわけではありませんでしたが、ここに書いてあることを自然にやっていたと思います。

もしあなたが今、人生どうでもいいと思っていたら、ここに書いてあることをまずは1つだけでもやってみてくださいね。

そのことで、変わるきっかけになっていくと思います。

 

人生どうでもいいと感じてしまう瞬間をよく感じると、私たちは「自分の未来が見えなくなったとき」に感じています。

今日紹介した方法は、簡単だけれど「あなたの未来を取り戻す方法」でもあるのです。
だからぜひ、試してみてくださいね。

あなたの人生が輝いたものになりますように、私はいつも応援しています。

【募集中】6/18,19開催パラダイムシフト2-dayセミナー
究極のパラダイムシフト2-dayセミナー

今年は「新しい地球」を生きる私たちにとって、スタートとなる重要な年になります。
スタートの年にどの未来に照準を合わせるかで、来年、再来年、さらに2028年までのあなたの体験する世界の流れが変わります。

さらに6月からは、エネルギー的に大勝負の半年間が始まります。
ここで望む未来を選択するのか?それとも望まない未来を選択してしまうのかでは、その行く先が大きく変わる。


詳しく知る